デオシーク 足

デオシークは足の臭いにも効果あり!気になる消臭原理とは

男性用のデオシーク

 

足はほかの部位と違ってニオイが落ちづらく対処しづらいので悩まれている方も多いと思います。

 

ですが、そんな方はデオシークを使うことで解決するかもしれません。

 

以下では、足のニオイの原因や洗っても落ちにくい理由、そしてデオシークがどうして足のニオイ対策に役立つのかを解説しています。


足のニオイの原因とは

足

 

足のニオイには大きく分けて2つの原因があります。

 

それは、「雑菌」と「汗」になります。

 

 

汗にはアンモニアや脂質、タンパク質などの成分が含まれているのですが、足はムレやすいので特に汗が溜まりやすく、これらの成分が雑菌に分解されやすくなっています。

 

足の裏は1日にコップ1杯分(200cc)の汗をかくと言われているので、対策をしていなければ確実に臭ってしまいますよね。

 

 

そして、雑菌による汗や皮脂、角質の分解が進めば進むほど「イソ吉草酸」という物質をつくってしまいますので、さらにニオイがキツくなってしまいます。

 

 

このイソ吉草酸とは脂肪酸の一種なのですが、特定悪臭防止法で規制基準が設けられているほど強力なニオイを発する物質とされています。

 

わかりやすく例えると、アンモニアの1000分の1の量で規制に引っかかるほどですので、いかに強烈なニオイなのかがわかります。

 

納豆やブルーチーズのニオイなどと例えられることが多いですね。

 

 

このイソ吉草酸は誰でもつくられてしまうので、解決するには汗と雑菌を抑える以外に方法はありません。

 

このように、足のニオイの原因は「雑菌」と「汗」により「イソ吉草酸」がつくられることと言えます。


足のニオイが落ちにくい理由

鼻をつむぐ男性

 

ニオイの原因が汗と雑菌であれば石鹸などでしっかり洗ってあげれば足のニオイもなくなると思いますよね。

 

でも、現実としてすぐに臭ってしまったり、そもそもニオイが落ちていないということの方が多いと思います。

 

 

それはなぜかというと、イソ吉草酸が洗っても落ちにくい性質のものだからです。

 

足にこびりついてなかなか落ちてくれませんし、しかも少量残っているだけでも臭ってしまう厄介な代物です。

 

 

また、普通に仕事をして生活していれば帰宅して1日経たないうちに靴を履くことになると思いますが、そうなるとせっかく洗った足も高温多湿の環境に晒されてさらなる悪臭を放ちやすくなります。

 

 

このように、ニオイの原理的にも生活リズム的にも足は臭ってしまいやすい部位なんです。

 

では、これから足を臭わなくする解決法をご紹介していきます。


デオシークならイソ吉草酸をつくらせない!

デオシークの商品

 

足のニオイの根本原因は汗と雑菌のため、これらを抑えればイソ吉草酸もなくなり足のニオイとおさらばできます。

 

そこでデオシークに目をつけたあなたは素晴らしいです。

 

なぜなら、デオシークには殺菌・制汗・保湿・抑臭というニオイ対策に必須の4作用が全て含まれているからです。

 

 

デオシークは元々はワキガクリームなので4作用が含まれているのですが、足のニオイ対策でいえば殺菌と制汗、そして抑臭作用が重要になります。

 

 

例えば、以下のようにデオシークの殺菌作用はとっても強力となっています。

 

デオシークの殺菌作用

 

汗をかいたとしても汗を分解する雑菌がいなくなればイソ吉草酸をつくることもありませんからね。

 

 

また、仮に少量の雑菌と汗が混じって臭ってしまったとしても、抑臭作用(柿タンニン)により漏れ出たニオイを抑えてくれるので安心です。

 

 

さらに、イソ吉草酸は弱酸性の物質なので、仮につくられたとしてもデオシークに含まれる炭酸水素ナトリウムが中和してくれますので、打ち消し合って臭わなくしてくれます。

 

酸性とアルカリ性のものを合わせると中和する原理ですね。

 

 

つまり、デオシークのクリームにはニオイを消す作用が存分に含まれているので、適切に使うだけで足のニオイに悩まなくて済むようになるのです。

 

 

塗り方については特に定めはありませんが、デオシークのクリームはよく伸びるので気になる箇所に伸ばしてあげれば良いでしょう。

 

基本は足の裏にしっかりと塗ってあげればニオイを抑えてくれますので、様子を見ながら試してみてください。


医薬部外品のボディソープで下地をつくる

デオシークのボディソープ

 

クリームだけでも充分に効果的なデオシークですが、足のニオイが強烈すぎてクリームを塗る前に臭ってしまう…という方は、ボディソープもあわせて使用することをおススメします。

 

いくらデオシークのクリームが優れていても、すでに足の環境が悪化しているところにそのまま塗っては効果も半減してしまうので、できるだけ清潔な状態で塗りたいものです。

 

 

その点、デオシークのボディソープなら医薬部外品の認可を受けているので効果は保証されていますし、隅々まで洗うことで足の雑菌もキレイに落としてくれます。

 

私も使っているのでわかりますが、明らかに市販の石鹸とは違うので毎日が楽しくなりますよ!

 

デオシークのおススメの使用方法は、ボディソープでしっかり洗った後にクリームでケアをするという方法だと覚えておいてください。

 

>>足のニオイ対策にも効果抜群のデオシーク!詳細を確認してみる


靴がすでに臭っている人はヌーラが必須

ヌーラ

 

いくら足を清潔にして臭わなくしていても、靴そのものがすでにニオイを発していてはそのニオイが足についてしまい結果的に足から臭っていると錯覚してしまうこともあります。

 

これを防ぐにはヌーラという消臭スプレーが効果的です。

 

 

普通の消臭剤は臭ってからスプレーしますが、ヌーラは普通の消臭スプレーとは違っています。

 

というのも、ヌーラは臭う前に衣類などにスプレーをすることで、衣類そのものが消臭剤になってニオイを吸収してくれるという画期的な発想によってつくられたスプレーだからです。

 

 

衣類を例に出して解説しましたが、ヌーラは靴にも応用可能なので靴にスプレーをするだけで履く消臭剤を手に入れることができます。

 

忙しい社会人だと靴を洗う時間もありませんし、何より面倒くさいですよね。

 

そんなときにヌーラはシュッとスプレーするだけで解決してくれるので、とってもおススメとなっていますよ。

 

>>ヌーラで靴のニオイを解消してみる

 

>>足のニオイ対策にも効果抜群のデオシーク!詳細を確認してみる